So-net無料ブログ作成

おススメ☆

犯罪・性犯罪について、どう思いますか?



知的障害者が巻き込まれたこの事件。
これは、知的障害者に対する偏見から生まれた事件だと思いました。

実際、知的障害者が起こす事件もあります。
でも、障害のあるなしに関わらず、性犯罪については繰り返すと思います。
危険ドラッグやタバコなどのように快楽を覚えると、抜け出せない類のものですから。

ある女性は、
小学生のときに帰宅していたところ、体を障られてランドセルをひったくられそうになったそうです。
学校に相談するも知的障害者だからということで、泣き寝入りとなったそうです。
それ以来、
「知的障害者への理解は必要だと思いますが・・・
私は今でも知的障害者には正直関わりたくないです
犯罪・性犯罪を犯した知的障害者に対しては
刑務所や施設へ隔離する必要があるのではないかと思うくらいです。」
という思いを抱くようになったそうです。

障害があるなしに関わらず、善悪の判断ができる者と判断ができない者がいます。
もちろん、善悪の判断ができる者は悪いとわかっているから他害行為はしません。
善悪が判断できる者による犯罪という他害行為とは違い、判断できない者は「その行為が悪いのか理解できない」結果、他害行為につながります。
善悪が判断ができない者による他害行為が犯罪となるのか、罪となるのか。
今の法律では、犯罪にならないようです。
罰とは他害行為をした人を苦しめるためにあるのではなく、
他害行為に至らせた欠点を更生、克服させることにあるからだそうです。
また別の方の体験談。
中学生の時に通学時の満員バスで毎日顔をあわせる知的障害者に
ある日興奮状態のモノを押し付けられた。
満員で逃げ場が無く、恐ろしくて声を上げることも出来ずにただ耐えた。
大人もたくさんいたのに誰も助けてくれなかった。
恐怖でガタガタと震えながら学校へ行った。
20年経った今も鮮明に覚えているあの恐怖感。
理性を保てない障害者はひとりで行動させないで欲しい。
適切に保護・監視して欲しい。
障害者ならなんでも許されるのはおかしいし、
少年犯罪にしてもそうだけど
保護責任者と名の付く人間がもっと責任を問われるべき。
責任取れないレベルでの行動をしてしまうなら
公共の場に放流するな。

今でも心に傷を抱えて過ごしています。
障害のあるなしに関わらず、理性をコントロールできない者は性的な嫌がらせ、一方的な性的アピールをする傾向があるようです。
中でも、男性の方は成長とともに体力がつく一方で親は体力が減る一方なので苦労するようです。

「知的障害者=理性がない」という偏見がある陰には、前述のような被害に遭われた人がいるからだと思います。
「相手が障害者だから。」という事で片づけられてしまうのです。

障害者へ関わる機会のある仕事をされている人の見解として
障害への理解=すべてを受け入れる 受け入れられない=差別 これはどちらも間違っています、一般人も同じように出来ること出来ないことがあり、それを対処し合います。 抑制できない部分を対処する方法を考えることは差別ではないと思いますがどうでしょう?

相手が受け入れられるのかどうかは、押し付けてはいけないと思います。
なのに、相手に理解を求めて、受け入れられなければ差別だと非難するのは、逆に差別されるのだと思います。
法ではどうにもならない現代ですけど、それ以前に親からの教育が必要だと思いました。
実際にきちんと躾をしている親もいますし、それによって周りとのトラブルもあまりなく、むしろ助けられて暮らしている者もいます。

色んな子育て方法が書籍化されて推奨されているから、「これが正しいんだ!」じゃなく、逆にその子に合わせた躾がいいから「この子にとっての一番はこれだ!」といって、社会に適応できない子供の躾はどうかと思います。
口で言うほど子育ては簡単なことじゃないですが、せめて相手のことを思いやれる子供を世の中に送り出してほしいと思いました。

参照:知的障害者の犯罪・性犯罪について、どう思いますか?
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

Copyright © 花の日々の雑感 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。