So-net無料ブログ作成
検索選択

おススメ☆

春の訪れ #七草粥

気づくと、もう1月も7日が経とうとしていることにびっくりです。

春の七草.png今日は七草粥の日です。
今日、いつでもいいのでしょうけど、風習的には朝に食べるものらしいです。
七草というと春と秋の2つがあります。
春の七草は、和歌にも詠まれていて、
「芹(せり)なずな 御形(ごぎょう)はこべら 仏の座 すずなすずしろ これぞ七草」
今でも和歌の形で伝えられ、国語のテストとかに出てました。
私はその場しのぎでしか覚えなかったけど…。
標本画を見てわかると思うのですが、ゴギョウはハハコグサ、仏の座はコオニタビラコ、スズナはカブ、スズシロはダイコン。
現代と呼び名が異なってます。
正月最初の子の日に野原に出て若菜を摘む「子(ね)の日の遊び」とも呼ばれた七種の行事があり、寒い時期でも葉を伸ばし、成長する草たちを摘んだのだと思います。

秋の七草.png一方で、秋の七草も山上憶良が和歌に詠んでいて、
「萩の花 尾花(をばな)葛花(くずはな) なでしこが花 をみなへし また藤袴(ふぢはかま) 朝顔(あさがほ)が花」
標本画を見てわかると思うのですが、オバナはススキ、アサガオはキキョウ。
こちらも一部が現代と呼び名が異なってます。
※アサガオについては、キキョウ説、ムクゲ説、ヒルガオ説、アサガオ説と意見が分かれているとのこと。
秋の七草というのは、春の七草と違って観賞用ですので食べられません。
でも、秋の七草という割には、新暦でいう夏の時期に花を咲かせているものが多いです。
ハギは8~10月、ススキは9~10月、クズは7~9月、ナデシコは4~10月、オミナエシは8月~10月、フジバカマは8~9月、キキョウは6~9月。
ナデシコに至ってはかなり早い段階で咲いてますしね。
残念なことに、フジバカマやキキョウ、ハギなど種類によっては、レッドデータブックの絶滅危惧類に入っているそうです。

日本大百科全書(ニッポニカ)によると、1935年(昭和10)ごろにも新聞に発表された別の「新七草」があり、それは、ハゲイトウ、ヒガンバナ、ベゴニア、キク、オシロイバナ、イヌタデ、コスモスであった。そのほか、「薬用秋の七草」として、オケラ、クズ、キキョウ、マンジュシャゲ、リンドウ、ヤマトリカブト、ミシマサイコが選ばれたこともある。
と、とりかぶとが入ってる!マンジュシャゲも気を付けないと毒があるんですが…
毒と薬は紙一重というけど。。。

でも、なぜ正月に七草粥を食べるのか?
それは、「七草粥」を食べて邪気を祓い、一年の無病息災と五穀豊穣を祈りつつ、冬の野菜や果物で不足しがちなビタミンを補い、お正月のご馳走で疲れている胃腸を休めるために食するという理にかなったことのようです。

その起源は古く、6世紀の中国、梁という国の 宗懍が著した年中行事記の『 荊楚歳時記(けいそさいじき)』に『正月七日を人日と為す』『七種の菜を以て、 羹(あつもの)を為(つく)る』と記してあり、それが日本にわたってきたことによると考えられています。
日本では、9世紀ごろに成立した、『皇太神宮儀式帳』にて初登場しますが、この時点では具体的な七草の種類は記されてません。
それまでの日本の七草粥は、『延喜式』に『餅がゆ(望がゆ)』という粥が登場し、米・粟・黍(きび)・稗(ひえ)・みの・胡麻・小豆の七種の穀物を食べていたようです。
今の形になるのは、もっと時代が下った鎌倉時代のことだそうです。

意外にも、七草粥に入れられる七草には意味があります。
●芹(セリ) : 競り勝つ。一か所に競り合って生える生態から。
●薺(ナズナ) : 撫でて汚れを除く。なでたいほどかわいいから「撫菜」、 また夏に枯れて無くなることから 「夏無(なつな)」から。
●御形(オギョウ/ゴギョウ) : 仏体。御形は人形(ひとがた)の事。昔、草餅は蓬ではなく母子草が使われており「母子餅」と呼ばれ、3月3日の節句に母子人形と一緒に供えた。そこから、母子草=御形となる。
●繁縷(ハコベラ) : 繁栄がはびこる。
●仏の座(ホトケノザ) : 仏の安座。早春の早い時期には既にロゼット状(地に張り付くように放射線状に広がる)葉の様子が仏様の円座に似ていることから。
●菘・鈴菜(スズナ) : 神を呼ぶ鈴。
●蘿蔔・清白(スズシロ) : 汚れのない清白。昔、すがすがしいほどの白い野菜として登場しているから。
語呂合わせのような感じもしますけど、ちゃんと、願いが込められているんですね。
nice!(0) 

nice! 0

Copyright © 花の日々の雑感 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。