So-net無料ブログ作成

おススメ☆

情報[Information] ブログトップ
前の5件 | -

犬のレース事故

この間のニューイヤー駅伝2016の2区で起きた出来事。
飛び出してきた犬と衝突してしまった、コニカミノルタのポール・クイラ選手。

すぐに立ち上がったけど、ほかの選手たちから引き離されてしまいました。
飼い主に対する責任、処罰はないそうです。
しかし、ネットでは特定されているらしいですね。


ネットをうろちょろしてたら、ほかにも犬がレースに乱入してしまったケースがありました。

それは、フランス・ツアー2007の自転車でのレース中にSandy Casar(サンディ・カザール)選手の前に飛び出してきた犬によって転倒し、Frederick Willems(フレデリック・ウィリアムズ)さんも巻き込まれる形で転倒したようです。
参照元はわからないですが、こちらは飼い主に責任が問われて、犬が安楽死させられたとか(´;ω;`)
犬には罪がなく、飼い主に罪があると思うのだけど…

しかもこの場合は自転車なので、一歩間違えば即命に関わる大惨事になってたと思います。
犬も大怪我をしていたかもしれません。
結果的には安楽死ですけど…

自転車に乗ったことがある人は、レースの映像をみたら"ビクッ!"っとなると思いますが、貼っておきます。

続きを読む


nice!(0) 

通りすがりの記事だった

0-32.pngたぶん、和解してない気がするんだけど。
事件の概要―
 
女性は大井貴美絵さん。結婚直後の平成23年8月、ティックジェイケイ(大阪市)主催のツアーに参加し、ガイド2人を含む11人で三重県尾鷲市沖の海に潜った。潜水開始から間もなく、大井さんは背負っていた空気ボンベから十分な空気が供給されず、呼吸困難に陥った。15分後、防波堤近くの水深5メートルの海底に沈んでいるところを釣り客に発見され、病院に搬送されたが、4日後に死亡した。


1週間後に新婚旅行で海外のダイビングスポットに行く計画で、事前練習のつもりだったそうですが、残念な結果に。
また、裁判によってずさんな経営が発覚し、ご遺族の怒り心頭。
色々ずさん過ぎてショックだったので、まとめてみました。

最初のずさんな点です。
問題点1
平成22年にTicJK社の実施した講習を受講し、事故までに7回のダイビング経験があり。 ただ、その大半はライセンス取得のための実習で、実力は初心者。

ガイド2人は潜水前に大井さんのバルブの開放状況を確認せず、大井さんが隊列から離れたことにも気づかないままダイビングを続けていた。

何のためのガイドなんだろう?
インストラクターではないってことで、そこの部分は各人で確認だったんだろうか?
ダイビングをしたことがないからわからないけど、こういうのって二人体制(バディ)組んでお互いに確認じゃないのかな?
海猿ブームの時に、実際の潜水士だったかの特集でそんなことを言ってた気がするので。
そういう意味では、ずさんな体制がとられていたと思いました。

問題点2
ダイビングの基本ルールの1つに「バディ・システム」がある。「バディ」と呼ばれるパートナーと行動をともにし、互いの近くで動向を注視することで、安全を確保するシステムを指す。大井さんのバディはガイドの1人だったが、ガイドは大井さんにまったく注意を払っていなかった。
この会社でダイビングの講習を受講しているから、この女性の実力を把握していると思うのですが。
ガイドなのに、一番注意を払わなければいけない人に払っていないっていうのもおかしいです。
しかし、全国で起きているダイビング中の事故の多くは、バディのアクシデントに気づかなかったのが原因というものだそうです。
ガイドの実力が不足していたんじゃないだろうかと思いました。

続きを読む


nice!(0) 

生物の不思議って面白い

peacock.jpgイザ!で『どこまで知ってる? 最新研究で見えてきた生物の神秘』を見たんだけど、面白かった。

1.クマムシ
お笑い芸人にいますけど、違います。
この記事を見るまで知っていたのは、色んな種類のクマムシ(シロクマムシ、オニクマムシが多い)が地球上にいますが一括りにされていて「クマムシ」。
体長約0.5ミリ~0.7ミリしかないのに、その環境適応力は非常に高く、水がなくても120年は生き、150度の高温、マイナス273度の低温、紫外線、水深1万メートルの75倍に相当する圧力、真空など、極限の環境でも生存可能という研究結果。
最近の研究で分かったのは、通常状態および乾眠状態のクマムシは、ヒトの致死量のおよそ1000倍に相当する線量の放射線、宇宙空間に直接さらされても10日間生存可能。
恐るべし!
そう思っていたら、もっとすごいことがあったんですね。
米ノースカロライナ大の研究結果が11月は、そのクマムシが細菌や植物などの全く類縁関係のない生命体から大量のDNAを獲得していると発表した。

これが驚異の耐久性をもつのを助けているのかもしれないそうです。
今後の研究に期待です!
こちらもどうぞ。第9回 クマムシ界の猛獣、オニクマムシ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

続きを読む


nice!(0) 

1月は大荒れ

yarakashitacalendar.jpg1月に入り、
DAIGOさんと北川景子さんの結婚報道、
ベッキーさんとゲスの極みの川谷さんの不倫報道、
SMAPの解散報道と
芸能界だけでも大荒れだったように思います。

いまだになぜSMAPメンバー自身が謝罪したのか、意味不明です。
だって、元はといえば、社内の派閥的な確執がSMAPにも影響したのでしょう?
事務所に不満がなければ、SMAPメンバーが解散しそうな事態にはならなかったと思います。
SMAP謝罪、ジャニーズ事務所批判は法的に間違い?「売れたから独立」は許されない?
記事を見たけど、変なところに着眼してんだなと思った。

もしもそうなら、世間はそんなに謝罪会見にして不満はあらわにしなかっただろう。
そうじゃなくて事務所がマネジメントができていないから起きたことだと思うので、
事務所というか、
具体的にいうなら、藤島ジュリー景子さん、飯島三智さんが謝罪すべきことだと思う。
代表責任者なら、ジャニー喜多川さん、メリー喜多川さんあたりのようにも思えるけど。
SMAPは彼女らの尻拭いをさせられたようにみえた。

1月が終わろうとしても、相変わらずのベッキー&川谷さん。
それまでの経歴からか、TVではベッキーさんに対する批判が多い気がする。
しかし、ネットではゲスの極みの川谷さんの方が批判されている気がする。
そういう意味では、彼らのアルバム「両成敗」ともいえるかな。
本当かどうかわからないけど、ゲスメンバーが抜けようとしているとか。
メンバーの一人のせいで、こんな不名誉なことが付きまとうのでは…。

続きを読む


nice!(0) 

小正月です。

花餅02.JPGダイソーにて買った花餅。
チープですみません。
もうすっかり正月気分は抜けてしまったのですが、小正月です。

小正月とは、新年最初の望(満月)の日。一般的には1月15日を指すことが多いみたいですね。
地方によっては女性の骨休みの日とされ、「女正月」と呼ばれたりします。

花餅(餅花)や繭玉を稲の穂たれにたとえて門前や家の中に吊るしたり、
小豆粥を作って食べたり、
左義長という、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄って一箇所に積み上げて燃やす火祭りをしたりして過ごします。
正月での先祖をまつったり、年神を迎えてその年の豊作を祈る「神祭り」とは違い、小正月では「家内安全」「無病息災」「五穀豊穣」「商売繁盛」「大漁」「厄払い」などを祈願します。

花餅は最近ではお花の形をした、文字通り?なものもあるようです。

続きを読む


nice!(0) 
前の5件 | - 情報[Information] ブログトップ
広告スペース
Copyright © 花の日々の雑感 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。