So-net無料ブログ作成

おススメ☆

ファッション[Fashion] ブログトップ
前の5件 | -

バレる時は、バレるんだけど。

piace.jpgピアスって、元々は入れ墨と同じで魔除けのアイテムとして世界中で用いられていたらしいけど、今の日本では、チャラいとかヤンキーとか、悪いイメージが多いかもしれない。
魔除けっていう時点で、マイナスイメージなのもあるかもしれないけどね。

そのせいか、一部の職業を除いては基本的にピアスってアウトなんですよね。
イアリングよりもピアスの方が可愛いデザインが多い気がしますし、イアリングはつけていると耳が痛い。
ピアスは開けた時が痛かったけど、それ以外では指をひっかけたりしない限りは基本痛くない。
なので、ピアス派。

そのため、勤務中は透明ピアスです。

【レビューを書いてメール便送料無料】【即納】透明ピアス フラット+ボール 16本入り【ボディピアス】【軟骨】【リテイナー】【楽ギフ_包装選択】【RCP】【10P20Sep14】
[家]ロキボディピアスshop

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

来年は"申年"だから、#赤パン を履くといいんだって。

申年は、赤パンを履くといい

そんな話を聞きました。
なんで?
おさるのお尻が赤いから?
んなことはないです。

申(さる)は、古来より神の使者「神猿(まさる)」として信じ、奉られてきたそうです。
日本において日光東照宮の三猿が有名ですが、
3匹の猿というモチーフ自体は古代エジプトやアンコールワットにも見られるものだそうです。
インドにおいて、三猿はラーマに仕えたハヌマーンの変形というところから、
神の使者とみなされているのかもしれないです。
「神猿(まさる)」が「魔が去る」や「勝る」の意味に通じ、
そのご神徳があるといわれるそうです。
※ご神徳(ごしんとく)とは、神様の功徳、神の恵みの事で、ご利益を与えて下さる能力のこと。

赤色については、
古来日本において疱瘡(天然痘)をもたらす疫病神(疱瘡神)が
赤色を嫌うと信じられており、
患者の周囲を赤で満たす風習があったことから、
魔除けとして使われるのだと思います。

調べてみると、各地にいろんな言い伝えがあるみたいですね。
近畿地方では、申年の申の日に身内の年下の女性に1日下着を身につけてもらい、それを半紙に包み、水引をかけ、たんすの奥にしまっておくと、年を取っても下の世話にならなくてすむ。
中部地方では、申年に肌着を贈る、または贈られた肌着を身に着けると、病が去る(サル)。長患いしない。下の世話にならない。
中国地方では、申年申の日にパンツを4枚贈ると死が去る(サル)。または、肌着を贈ると病が去る(サル)。
四国地方では、申年の申の日に贈られたパンツを身に着けると病を遠ざける。こっそりしまっておくと、幸運が訪れる。
九州地方では、申年の申の日に贈られたパンツを身に着けると病が去る(サル)。とくにサルマタがいい。
赤猿股
地域は不明ですが、
・申年の猿の日に親に赤い下着をプレゼントすると下の世話になら無くて済む。
・申年生まれの人から、身につけられる赤い物(下着やハンカチなど)をプレゼントしてもらうと、下の者(子供や兄弟など)に世話を掛けずに人生の最期を迎えられる。

大手下着メーカーのグンゼさんやワコールさんなど多くの会社が取り上げてました!
どうやら、「病が去る(サル)」など語呂が良いこと+「赤」は病気を防ぐ厄除けの言い伝えからきているようですね。

ところで、申年の申の日って?

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

しまむらに行った時の話。

ステテコがオシャレになって売られてました。
柄は、ミッキーマウスとか、ペコちゃんとか。
男性用なんですけど、キャラクターが描かれてて、
"シャレテコ"って呼ばれてるそうです。

本来、ステテコはパンツとズボンの間にはくもの。
股引(ももひき)みたいにぴったりとしてない、ゆるい物なので夏にいいようです。
おじいさんたち曰く、
「暑いときに履くと、涼しいぞ。」
「汗を吸ってくれるからいいぞ。」
だそうです。

ふつうにズボンとしてはいてる人もいるから、
シャレテコは、見せパンみたいな感覚なのかな?


女性用のステテコもあります。
花柄とかが多いかな。
オシャレでした[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

続きを読む



共通テーマ:ファッション

キャサリン妃の第2子まだかな?の話。

数日前からキャサリン妃の第2子出産の話題が世界でもちきりですね[るんるん]
今日生まれるのかな?
今日生まれたら、二人の5回目の結婚記念日だそうですよ[かわいい]

イギリスでは女の子を熱望してる声が聞かれてるけど、
どっちでもいいから、元気な子が生まれてきてほしいよ[exclamation]

昨日だったかな?
病院前に集まる王室ファンにコーヒーやパンが配られたそうで、
粋な計らいですね[手(チョキ)]

私も早く相手を見つけて結婚しなきゃ。
今日は、相談所のセッティングによるお見合いに行ってきましたよ。
しまむら01.jpgそろえる間もなく、慌てて近所のしまむらに駆け込み。
だから、衣類は全部しまむら(笑)
靴もですね。
シュシュはしまむら系列のシャンブルか、100均か...
イルカのネックレスは母からのプレゼント。
一時期、イルカになりたいほどイルカが大好きだったので、その頃のプレゼントです。
↑なぜ、そんなだったか、今となっては自分でも意味不明(笑)

相談所に行くと、担当者やら、社員さんより
「あれ?違う・・・写真撮り直しません?」と言われた。
そりゃ、1年ほど前の写真だもの。
休止してた期間が長いもの。
人は変わるよ。
でも、美人は三日で飽きるというし、外見で選ばれてもねぇ。
写真は、そのままにしとこ。

続きを読む


【fashion】秋の流行はゴフラン柄?

ゴフラン柄は、絵柄や模様といったゴフラン織に見られる模様、またはそのプリントデザインです。

ゴフラン織は、古代西アジアやエジプトを起源とする華やかな綴織(つづれおり:平織の一種で、太い横糸で縦糸を包み込むことで、縦糸を見えなくして横糸だけで絵柄を表現する織物)を系譜をくみます。
ゴフラン織は、15世紀頃のフランスで活躍したゴブラン家のGillesとJean兄弟の工房に由来します。

植物の絵柄のみだったり、植物と格子柄の組み合わせだったり、様々です。
バラとか華やかな花柄が多い気がします。

続きを読む


前の5件 | - ファッション[Fashion] ブログトップ
広告スペース
Copyright © 花の日々の雑感 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。